神戸・三宮で結婚式二次会をカンペキにするためのバイブルサイトです♪

こだわるならここ!桜子が教える神戸・三宮の結婚式二次会ハイスペック会場
結婚式二次会会場セレクション 【神戸・三宮版】 » 最高の結婚式二次会にするために…♡新郎新婦が準備すべきこと6ヶ条【神戸・三宮編】 » 神戸の結婚式二次会の相場を知っとこ♪

神戸の結婚式二次会の相場を知っとこ♪

神戸の結婚式二次会で参加者が払う会費の相場はどのくらい?

二次会のパーティでは、お料理や飲み物がふるまわれ、余興で景品が出たり、プチギフトが配られたりと、それなりの費用がかかります。それらはほぼ、二次会に参加する人が支払う会費でまかなうわけですが、いくらぐらいが会費の相場となるのでしょう。

二次会の規模や会費には地域差があるようで、全国平均で見ると男性が6,000円、女性は5,000円前後。関西と関東は少し高めで、男性が7,000円、女性が6,000円前後のようです。神戸で行われる二次会の場合も、7,000円から6,000円くらいが会費の相場となっています。関西や関東では、男女の差を1,000円程度つけるのが一般的です。

二次会費用はどのくらいかかる?

関西エリアでの平均的な会費は、男性が7,000円、女性が6,000円前後です。神戸での二次会会場として選ばれることが多いのは、レストランやカフェ、ホテルの宴会場なのですが、ゲストの数は60名前後だと考えて、お料理代や会場使用料としてお店へ支払うのは、30~35万円くらいが相場。ゲストからの会費で二次会会場の費用をまかない、残った数万円で余興に使う景品やプレゼントなどを購入、というのが一般的です。参加人数が予想より少なかったり、会場費用がかさんでしまうと、少々の赤字が出てしまうことも考えられます。

数万円の余興費用が出るかどうかは、新郎新婦と幹事の動き方次第。会場との交渉やゲストの調整などをいかにうまくできるかにかかっています。

会場の選考は早めに動いて積極的に交渉を

二次会会場となるお店は、新郎新婦のよっぽどの事情がないかぎり、複数のお店で見積もりを取って交渉すべきです。日にちの余裕を持って相談し、他のお店とも交渉している旨を伝えれば、お店側がある程度譲歩してくれたり、値下げしてくれることがあるかもしれません。

また、直前でも参加人数を変更できるのかどうかもお店側と交渉しておきましょう。当日になって参加人数が増減してしまうことはよくあるのですが、キャンセルができないと無駄な費用が発生してしまうことに。当日の人数で清算できると、最も無駄が少なくなります。

このように、二次会で赤字を出さないようにするために、お店側との交渉が必要となりますが、スケジュールが直前の場合は交渉の余地がなくなってしまいます。できるなら、半年くらい前からゲストのリストアップや幹事の選定を始め、お店選びも始めておいた方が交渉をスムーズに進めることができるでしょう。

こだわるならここ!桜子が教える神戸・三宮の結婚式二次会ハイスペック会場
こだわるならここ!桜子が教える神戸・三宮の結婚式二次会ハイスペック会場
サイトの管理人

桜子仲の良い友人を招待する二次会、私は披露宴より力を入れました。あなたにも素敵な思い出が残りますように。