神戸・三宮で結婚式二次会をカンペキにするためのバイブルサイトです♪

こだわるならここ!桜子が教える神戸・三宮の結婚式二次会ハイスペック会場
結婚式二次会会場セレクション 【神戸・三宮版】 » 【基礎知識】結婚式二次会を成功させるポイントまとめ! » 【男女別】結婚式二次会に行く前にチェックしたい服装のマナー

【男女別】結婚式二次会に行く前にチェックしたい服装のマナー

披露宴に参加する際は、「白いドレスは花嫁が着るので、ゲストが着るのはNG」「漆黒のスーツはダメ」といったマナーがあるのをご存知の方も多いかと思います。

しかし、結婚式二次会となった場合、別会場を用意されることも多く、それに伴って「ドレスコードはどうなの?」と不安になることもありますよね。

招待状にドレスコードの記載があるなら分かりやすいのですが、そういった記載がない場合にはどのように服装を決めればよいのでしょうか?

この記事では、結婚式二次会に使える服装マナーを男女別で紹介します。

NG服装もあわせて紹介しているので、参考にしてみてください。

結婚式二次会に服装マナーはあるの?ドレスコード紹介

結論からいうと、結婚式の二次会にも服装マナーはあります。

例えば、披露宴会場をそのまま貸し切って二次会を開く場合、二次会から参加する人も披露宴から参加している人とドレスコードは同じになります。

また、会場を移すケースでも、ホテルを会場にしている、格式の高いレストランを会場にしている場合は、カジュアルな服装はマナー違反。

以下に男性と女性の服装マナーを簡単にまとめてみました。

【女性編】

まずは女性の「フォーマル」と「カジュアル」の服装マナーです。

フォーマル

カジュアル

格式高い有名ホテルやレストランは基本的にフォーマルスタイル。

レストランやバーでの二次会はカジュアルでOKと言われるケースが多いようです。

ワンピースはフォーマル・カジュアル問わず、肩が出てしまうデザインでもOKですが、肩を隠すようにショールやボレロを身につけましょう。結婚式の場では、死や殺すことを連想させる動物の皮や毛を使ったアイテムはNG。

またキラキラしている、の限度を超えた「ギラギラしたアイテム」も主張が強すぎるため、花嫁を引き立たせるパーティの場としては避けた方が無難です。ネックレスやブレスレット、バッグがギラギラしている場合は、別のアイテムに変更しましょう。

髪型はまとめるのがベター。自分でヘアセットをするのが大変であれば、美容室でセットしてもらうことも可能です。平均価格は3000円前後となっています。

「新郎新婦のゆかりの地である居酒屋で二次会をする」「もっとアットホームな場所で二次会をする」というケースでは、上記のカジュアルスタイルを着崩して、ショールやボレロではなく「カーディガン」でOKになる場合も。

【男性編】

続いて男性の「フォーマル」と「カジュアル」の服装マナーをチェックしてみましょう。

フォーマル

カジュアル

男性の場合は、明るい色合いのシャツとネクタイを身につけ、フォーマルスーツを着るのが基本です。

真っ白のスーツに真っ白のネクタイをしてしまうと、新郎よりも目立ってしまうため、色合いには注意しましょう。

カジュアルダウンしても大きく見た目に変化が現れないため、マナー違反が気になる人はフォーマルスーツを着用していくのがおすすめです。

【NG】結婚式二次会に着用は避ける!ダメな服装マナー【男女別】

続いて結婚式の二次会で着ないほうが良い服装について紹介します。

【女性編】

結婚式の二次会で着用を避けるべき服装やアイテムは以下のとおり。

NG例

主役の花嫁より派手な服装にならないことが重要です。

二次会でも新婦がホワイトのドレスを選んで着用することもあるため、基本的にホワイトのドレスはNG。また、ボレロなどがホワイトで、椅子に座っていると周りからホワイトの服を着ているように見えてしまうため避けた方が良いとされています。

ホワイトに近いベビーピンやオフホワイトも、主役よりも目立ってしまう可能性があるため、避けるのがおすすめです。

グリーンやブルー、ネイビーやくすみピンクを着ている方が多いようです。

アクセサリーやストッキングで黒いものを避けるのは、お葬式を連想させるからです。

おめでたい席では肌の色にあったストッキングを履きましょう。

結婚式などの場では、ハイヒールやパンプスを履きます。ハイヒールも、ヒール部分が10cm以上など、極端に高すぎるのはNGです。パンプスでは、オープントゥやヒール部分が見えにくい厚底のウェッジソール、カジュアルな印象を与える太いヒールは避けたほうが良いとされています。

【男性編】

結婚式の二次会で避けるべき服装やアイテムは次のとおりです。

NG例

男性も女性と同様に、新郎よりも目立つアイテムはNGです。ドレスコードがカジュアルの場合は、派手でないカラージャケットを着ることができますが、赤や黄色などの明るい色ではなくブラウンやネイビーを選ぶのが鉄則。

男性の場合は、動物の毛や革を使った羽織ものを身につける機会は少ないため、お葬式のような漆黒のスーツや派手なものを選ばないようにすれば、マナー違反にはなりにくいでしょう。

ここでNGに挙がっている黒いネクタイ(ブラックタイ)は、基本避けたほうが良いと言われていますが、司会を任せられている、スピーチをするといったように、人前であいさつをする役割がある方は例外です。主賓、司会者、友人代表の場合は、タキシードでブラックタイと指定されるケースもあるので、事前に確認しておきましょう。

招待状に書いてある平服って?

招待状に、「ドレスコード:平服(へいふく)」と書かれていることがあります。

平服の意味は「普段着」とされているので、カジュアルな服でも良いのか、と考える人もいるかと思いますがここが注意点。この場合の意味は「儀式用の服ではない服」が由来になっており、最低限のルールとしてTPOに合わせた服を選ぶ必要があります。

結婚式二次会における「平服でお越しください」は、「かっちりしたタキシードでなくても良いが、略礼装のような服装でお越しください」という意味に。

あなたがデパートに行くときの普段着と、近所のコンビニエンスストアへ行くときの普段着が違うのと同じです。

その場所にピッタリの服を着ましょうということなんです!

男女別服装マナーで紹介した「フォーマル」スタイルで参加しましょう。

フォーマルとカジュアルの違いが分からない!そんなときは?

〇〇はOKで〇〇はNG…。決まりごとが多すぎて、何が何だか分からなくなってしまいます。

フォーマルドレスとカジュアルドレスの違いが分からない、シャツの色や柄の限度が分からないと頭を抱えてしまうかもしれません。

自分の持っているドレスやスーツがカジュアルなのかフォーマルなのか気になるときは、フォーマルスタイルの洋服を販売しているお店へ行ってみるのもアリ!

写真や言葉で持っている服について相談すると、会場に合わせた服装を紹介してくれます。

ドレスコードに引っかかる場合は、スタッフさんに選んでもらうと確実です。

【レンタル】わざわざマナーに合わせて服を購入するのが辛い

また、数回しか着ないものなので、購入はしたくないと考えてしまいますよね。

そういった場合は、幹事や会場スタッフに相談すると、会場と連携しているレンタルスーツのお店を教えてくれることもあります。

相談しにくい場合は、インターネットでもレンタルドレスやレンタルスーツを利用できるところがあります(「ドレスの魔法など」)。

上手に活用して、二次会を楽しみましょう。

結婚式二次会の服装マナーで迷ったらお店をチェック!幹事に聞くのもOK

結婚式の二次会は、お店に合わせてベストな服装が変わります。

どのケースでも、新郎新婦より派手にならないのが鉄則なので、色やデザイン、素材に注目してコーディネートしていきましょう。

たいていは招待状にドレスコードが記載されているので、その通りでOK。

男性は、司会者や友人代表のあいさつ・スピーチをする役割があると、通常NGのブラックタイやタキシード着用が指定されることも。幹事や新郎に確認しておくのをオススメします。

平服は普段着という意味ですが、儀式で着用するような礼服ではなく、少しカジュアルでお店に合わせたものを着るという意味なので注意が必要です。

服装に不安を感じたら、お店に直接電話してみる、幹事に聞いてみる、一緒に参加する友人に聞いてみる、思い切って新郎新婦に聞いてみましょう。

こだわるならここ!桜子が教える神戸・三宮の結婚式二次会ハイスペック会場
こだわるならここ!桜子が教える神戸・三宮の結婚式二次会ハイスペック会場
サイトの管理人

桜子仲の良い友人を招待する二次会、私は披露宴より力を入れました。あなたにも素敵な思い出が残りますように。